前へ
次へ

腰痛予防のための対策

腰痛になってしまうと、生活などにも支障がでてしまうこともあるため日頃から予防ための対策をしておく必要があります。若い世代では、それほど問題ありませんが、加齢に伴い筋力なども衰えてくる点から筋トレなど運動をして腰回りの筋肉の維持をするということも予防策になるでしょう。また、普段から姿勢を意識すること、長時間、同じ姿勢を保つようなことはせずに作業などで同じ姿勢を保つことが多い場合には、合間にストレッチなどをする時間を作り、体を動かす対策をとることも必要です。その他にも、腰に対してあまり負担をかけすぎないための対策なども怠らないようにしましょう。重い荷物を運ぶ場合には、誰かに協力をあおぐことや中身が分けられるものなら分散して運ぶなど工夫をすることも大切です。このようにして、いろいろと腰痛予防対策を行うように日々、心がけていきましょう。それでも腰痛になってしまった場合には、湿布薬などでの対処や病院で専門の医師による治療などを受けることで解決しましょう。

Page Top