前へ
次へ

腰痛の原因はさまざまです

高齢になり腰痛に苦しむ人がいますが、元気に活動できる人もいますし、原因はさまざまですから、治癒を諦める必要はありません。一般的には、肥満や骨粗鬆症などによって筋力や骨が衰え、腰が痛くなることが多くありますが、若い頃から普段の生活を見直せば、強く丈夫な体を維持することが可能です。適度な運動と栄養のバランスが取れた食事、十分な睡眠を心がけていれば大丈夫です。しかし、内蔵疾患や怪我などによっては、腰痛が悪化することがありますから、普段から健康診断を受けて気を付けることが必要です。腰に違和感を覚えたら、原因を調べて治すことが大切ですし、整骨院などで調整してもらうとかなり良くなる人も少なくありません。ストレスや激務による腰痛は意外と多いので、働き盛りの年代であればとくに気を付ける必要がありますし、無理をしないことも大切です。テレビやインターネット、書籍などの健康情報でも、腰痛に対しての記事は多いですから、痛くなる前に予防することも可能です。

Page Top