前へ
次へ

腰痛は我慢ではなく、早めの対応が何よりも大切

腰痛は早めの対応が大切で、あまり我慢しないほうがかえってよい結果につながりやすい、という特徴があります。また、腰痛は一度なると繰り返して痛みが発生する人もいますから、あらかじめ、良い病院をきちんと見つけておくことが大切になります。また、腰の痛みは、例えばぎっくり腰の場合は、はじめはさほど痛みがなく、違和感がある程度の感覚の場合もあり、しばらくするととても痛みが増してくるという事例もあります。要するに腰の処置の場合は、我慢をするのではなく、違和感があればすぐに病院へ駈け込んで、あらかじめ対処し、悪化しないようにする、という手法をとることが最善の方法、という事になるのかもしれません。また、スポーツなどの激しい運動を行った後は、筋肉をきっちりとほぐしておき、翌日に疲労が蓄積されないようにしておくと、とても体が楽になります。そして、腰の弱い人はあまり普段から重い荷物を持たないようにするという事も重要になってきます。

Page Top