前へ
次へ

冷えを改善して腰痛を予防する

体の体温が低いと、免疫力が低下して血流が悪くなりますから、さまざまな不調を感じるようになります。また、寒さから体を動かさなくなると、歩行する機会が減ってしまうので、腰痛になりやすくなりますから、活動的になるように冷えを改善する必要があります。寒い季節は、カイロや温かな肌着を着用したり、靴下を工夫する必要がありますし、暑い季節でも冷たい飲み物を控え、冷房を調節することが大切です。また、何気ない食事でも生姜などの薬味をプラスしたり、ストレッチやウォーキングを意識して行うことで、自律神経が整い腰痛の予防になります。もしも、腰の痛みを感じたら、腰ベルトでサポートしたりシップで痛みを和らげると良いでしょう。また、腸内環境を整えて便秘にならないようにするだけでも、活動時間が増えて体に良い影響をもたらします。病気でもないのに、寝てばかりいても不調を感じますから、規則正しい生活をすることで腰痛の予防になります。

Page Top